温泉口コミや評判を徹底検証。
本当に格安温泉旅行は良いものなの?安いよりは満足できる温泉旅行にしませんか?


【じゃらん】料理、温泉、おもてなし…クチコミで選ばれた人気宿ランキング

当サイトはじゃらんの温泉を基本としたサイトですが他にもたくさん良い温泉はあります。人気ブログランキングで幾つか覗いてみませんか?
人気ブログランキングへ

洲本温泉『四州園なぎさ』



瀬戸内海に浮かぶ島、兵庫県淡路島。
明石海峡大橋の開通により、そんな島の中心部に広がる洲本温泉は、今やすっかり関西の奥座敷となりました。
交通アクセスが非常に良く、自然を満喫出来るレジャースポットと美味しい物が沢山あるからです。

周囲を3つの荒れ狂う海峡に包まれ、中心部に小高い山脈の伸びる淡路島は、昔から五食の国と呼ばれてきました。
鳴門海峡台風に代表される鯛や明石海峡に代表されるタコ、沼島沖で上がる鱧、そうそう、冬になればトラフグも美味しいんですよねぇ。また、山間部で飼育される淡路牛は、神戸牛に負けず劣らずの柔らかさとジューシーさに溢れ、地元の名産品である玉ネギやキノコ類との愛称は抜群です。

そして、本当にそんな淡路の味覚を楽しみたい人必見のお宿、それが洲本温泉『四州園なぎさ』です。
こじんまりとした小さな料理旅館ですが、天然温泉を引いた露天風呂からは真っ青な海が一望出来、最高のコンディションで最高のお料理をいただけるよう、疲れた心と体をしっかりと癒やしてくれます。
自慢のお食事は、朝夕ともにお部屋でゆっくり食べるのがなぎさ流スタイルなのですが、そのお部屋は全てオーシャンビューなんですね。そう、そこはどんな豪華な海辺のレストランよりも寛ぎという言葉に演出された最高級のお食事処です。

こうした小さな旅館にはとても珍しいケースではないかと思いますが、こちらのお宿には、「ヒーリングルーム・マラマ」というエステサロンが入っていて、全く新しい美と健康を追求したリラクゼーションの世界、ヒーリングエステを体験する事が出来ます。海の見える個室で、昨今話題の骨盤ケアやフェイシャルケアなどを施してくれるビューティースポットです。

高速バスターミナルまでの送迎サービスもありますから、たまにちょっとだけ贅沢したい主婦同士での旅にお勧めのお宿です。

今回紹介した旅館はこちらです。
【宿名】 四州園なぎさ
【住所】 〒656-0023 兵庫県洲本市小路谷1053―16

受験にすべらない温泉 受験生に大人気?



今日は瀬戸内海一大きな島、淡路島のちょうど真ん中に位置する洲本温泉は『淡路インターナショナルホテル ザ・サンプラザ』のご紹介です。

まぁ、なんて長い名前のホテルなんでしょうね。それにいかにも国際ホテルというイメージがするでしょう!?ところがところが、こちらのお宿は、あくまでも日本の温泉旅館という雰囲気に拘った、超和風の温泉ホテルです。

その極めつけが浴室一面に敷かれた畳、知らずに足を踏み入れた人は、みんな間違いなく驚かれるそうですよ。

えっ、温泉!?”っとね。

でも、そこは紛れもなく大浴場、その名もズバリ、このホテル一番の自慢である「畳風呂」なのであります。

勿論、特殊な防水加工と抗菌処理を施したここにしかないような特別な畳で、日々の管理もしっかりされていますから、衛生面での心配は一切ないそうです。むしろ、滑りにくく、転んでも怪我をする事が少ないため、従来のタイル張りの浴室よりも、ずっと安全で、小さな子供やお年寄りには大好評なのだそうですね。
滑らない、転んでも平気!

なんだか合格祈願に一風呂浴びたいような温泉です。
この畳風呂が登場してからというもの、一気に人気のお宿となった淡路インターナショナルホテル。他にもまだまだ、バブルバスや打たせ湯、釜風呂、サウナ、無論露天風呂もあって、こちらのホテルでは、そんな大浴場一帯を」クアセンター」と呼んでいます。
檜の香り漂う貸し切り風呂付のお得な宿泊プランもありますから、1泊2日の温泉三昧! なんていう、いかにも日本人らしい旅をしに出かけてみてはいかがでしょうか。

今回紹介したホテルはコチラ
【宿名】 淡路インターナショナルホテルザ・サンプラザ
【住所】 〒656-0023 兵庫県洲本市小路谷1279−13

洲本温泉『淡路島観光ホテル』

露天風呂付の客室を持つお宿は、今やすっかり珍しくなくなりました。されど、入浴プラス岩盤浴プラステラスビューがオールプライベートで味わえるお部屋を持つ温泉ホテルは、そうはないのではないでしょうか?

雄大な瀬戸内海を眼下に、家族揃ってそれぞれの温泉リゾートを楽しめるのが洲本温泉『淡路島観光ホテル』です。観光ホテルというと、どうしても団体旅行に利用されがちですが、こちらのお宿は、個人のお客様、それも家族連れをとても大切にする巨大温泉ホテルです。
専用フロアに並ぶ露天風呂付のお部屋には、それぞれ趣の異なる浴槽と岩盤抑揚のベッド、そしてデッキが設置されており、い草のスリッパとバスローブも用意されています。まずは温泉でしっかり体を温め、デッキで大海原を一望しながら一休みしたら、今度は岩盤浴で汗をかき、再びお風呂に浸かる!

こんな美容と健康を考えたスパリゾートを、部屋の中で家族だけで楽しむ事が出来るのです。
また、そんな露天風呂付のお部屋に泊まれなくても、1時間一人で貸し切り使用の出来るプライベイトストーンスパも3室あり、檜の露天風呂とジャグジー、サウナ、フットストーンスパを完備したパノラマ大浴場もあります。
そして、もう一つ、忘れてならないのが、隣接のホテル専用釣り堀!
夜釣りもOKの本格磯釣りゾーンでありながらも、安全対策も施され、宿で餌と道具一式を借りる事も出来るので、小さな子供であっても、初心者であっても、気軽に手軽に海釣り体験が出来るんですね。勿論釣ったお魚はホテルの板前さんが調理し、夕食時に添えてくれます。
館内にはアロマエステサロンもあるので、パパと子供たちがつりを楽しんでいる間に、ままはのんびりエステや岩盤浴で心と体のリラックスタイムを過ごせる、ファミリー必見の温泉ホテルですよ。

洲本温泉『海月館』

鳴門の渦潮で知られる淡路島の洲本温泉。
流石にどこのお宿も海の幸満載のお料理と雄大な鳴門海峡を望むお風呂は何よりの自慢のようです。ただ、それほど沢山宿泊施設が建ち並んでいる温泉街ではなく、正直、結構高級な温泉ホテルが多いんですよね。


そんな洲本温泉の一角に、ドライブツーリングをメインとした旅にピッタリのお宿が1軒あります。洲本温泉『海月館』。

無論、こちらも洲本を代表する温泉ホテルですから、露天風呂付のお部屋もありますし、豪華なお料理が並ぶ宿泊プランがずらりラインナップされています。
されど、こちらのお宿には、町側の洋室を利用した素泊まりプラントいうのがセットされていて、ビジネスホテルと同じ位の料金で宿泊する事が出来るのです。当然、それでも立派な泊まり客ですから、露天風呂付展望浴場での温泉入浴が好きなだけ楽しめるので、とてもお得でしょう。

淡路島には美味しいお店や楽しいレジャースポットが満載exclamation×2宿でのある程度決まった時間や内容のお食事に拘りたくないという若いカップルには、是非ともお勧めしたいプランです。

館内には、昨今では意外と珍しくなったゲームコーナーがあり、入浴後には若者らしく最新のアーケードゲームで遊ぶ事も可能exclamation
そしてここは温泉旅館ですから、卓球コーナーもありますよ。湯上がりに彼や彼女と真剣勝負を繰り広げてみるのも面白いでしょうね。
明石海峡大橋や大鳴門橋、そして、本四連絡橋が割引になった今、思い切り車やバイクを走らせて、海を食べ尽くしたいexclamationあるいは、遊び尽くしたいexclamation×2というアクティブなデート大好きカップルには嬉しい瀬戸内海一大きな島の温泉ホテルなのではないでしょうか。

洲本温泉『夢泉景別荘 天原』


ああ、こんなところでのんびり仕事がしてみたいexclamation×2

日々パソコンと睨めっこ目しながら言葉を生み出す売れないライターの密かな夢ですね。
淡路島にある洲本温泉の『夢泉景別荘 天原』に泊まる事は!

 
こちらのお宿は、関西人なら誰もが知っている超有名な温泉ホテル「ホテルニューアワジ」がワンランク上のシーサイドスパリゾートを提供するために隣接した「夢泉景」というお宿の別荘。

更なる海辺の寛ぎと安らぎを追求したこれ以上ないほどのマリンリゾート温泉宿泊施設ホテルです。

確かにこうした海辺の贅沢は南の島へ行けば、いくらでも味わう事が出来るでしょう。
されど、高速道路車(RV)や連絡橋が割引になった今、淡路島にこういう宿泊施設があるというのは、実にグッドな事だと思います。飛行機代のつもりでお宿代を出せば、それほど頑張らなくても、ハワイや沖縄飛行機で過ごすリゾート気分が存分に味わえるのですからexclamation×2


しかも嬉しい事に、そこは湯どころ洲本温泉、メゾネットタイプのプライベートビラをはじめ、館内全18室の客室全てに露天風呂が付いています。
勿論、大浴場も2ヶ所あり、それぞれ地元の歴史に因んだ名前と浴室が用意されていますよ。まずは、記・紀に語り継がれる淡路島の国生みの物語に因んだ「くにうみの湯」。

浴場内には松の庭が造られ、国生みの舞台とも伝えられる淡路島南東沖に浮かぶ沼島の奇岩「上立神岩」が聳え立っています。
一方、淡路島を代表する昔ながらの風景である段々畑をモチーフにした「淡路棚田の湯」は、その名の通り、三層からなる湯船で、それぞれ違う海の景色とお湯を楽しむ事が出来ると言うのですから、これはどちらも絶対に入りたい。


温泉が本当に恋しくなるこれからの時期に、是非とも行って見たいシーサイドリゾートホテルです。専用桟橋付のヴィラには、マイクルーザーでやって来るお客様もいるとかいないとかexclamation&question
まさに絶景の中の夢の温泉別荘ですね。

今回、紹介した温泉は、
【宿名】 夢泉景別荘 天原
【住所】 〒656-0023 兵庫県洲本市小路谷1052−2