温泉口コミや評判を徹底検証。
本当に格安温泉旅行は良いものなの?安いよりは満足できる温泉旅行にしませんか?


【じゃらん】料理、温泉、おもてなし…クチコミで選ばれた人気宿ランキング

当サイトはじゃらんの温泉を基本としたサイトですが他にもたくさん良い温泉はあります。人気ブログランキングで幾つか覗いてみませんか?
人気ブログランキングへ

温泉健康法 温泉入浴前の注意事項

休みの日に温泉に行き日ごろの疲れを癒すことは、日本人の旅の定番となっているのではないでしょうか?
そんな中「湯治」のように、温泉を健康つくりにもっと活用しようという動きが活発化していることをご存知でしょうか?
そこで、当サイトでは温泉健康法についても皆さんに紹介していこうと思います。

温泉に入浴する前の注意など知っていますか?
温泉 入浴
・到着後1時間は休息をとってください。
・食前の入浴は手短に
・高齢者の方は深夜早朝の入浴は避ける
・飲酒後、スポーツ後の入浴は危険

最低限上記4つは覚えておいてくださいね。
折角の楽しい温泉旅行が悲しい思い出担っちゃうと辛いから。
それぞれ説明しますね。

まず、到着後1時間について。
これは、疲れていると温度と水圧の刺激で体調を崩すことがあるようです。
って言っても疲れを癒しに来てるんでね・・・。
ココで言う疲れとは慢性的な疲れの事じゃありません。
温泉まで来る時の疲れですね。

次に食前の入浴について。
食前の入浴が悪いわけではありません。
もちろん、お腹いっぱいになって入る食後の入浴で長時間入るのもあまりオススメしません。
全てに於いて言える事ですが、適切な時間が望ましいですね。
食前の入浴は胃腸の血管が収縮、その結果胃液の分泌が少なくなり消化不良の原因ともなります。

高齢者の入浴について。
発汗により、早朝・深夜に濃縮されている血液がさらに固まりやすくなり脳梗塞や心筋梗塞の発症の恐れもあるといわれています。
高齢者の方の入浴には注意が必要です。

飲酒やスポーツ後の入浴について。
飲酒後は心拍数増加のため心臓発作の原因にも。
スポーツ直後も入浴すると血液が全身に巡るため疲労した筋肉に十分な血液が回らずに疲れが取れにくくなります。
よく、ゴルフ場と併設されてる温泉施設などありますが、ゴルフを回ってすぐにとならずに少し疲れを取るために休憩を挟んで入浴することをオススメします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。