温泉口コミや評判を徹底検証。
本当に格安温泉旅行は良いものなの?安いよりは満足できる温泉旅行にしませんか?


【じゃらん】料理、温泉、おもてなし…クチコミで選ばれた人気宿ランキング

当サイトはじゃらんの温泉を基本としたサイトですが他にもたくさん良い温泉はあります。人気ブログランキングで幾つか覗いてみませんか?
人気ブログランキングへ

格安航空券のエアータウン

温泉に行くときはどのような交通手段が多いのでしょうか?
たぶん断トツは車なんですかね?


私もよく温泉には行くのですが、基本車です。
何故か?
それは便利というのもあるのですが、家族だからです。
一人で行く旅や、二人などの少人数で行く旅は基本的に自由行動ですよね。
だから、電車で行ってもいいし、飛行機などで行ってもいいと思います。
今飛行機って安いみたいですね。
知りませんでした。

話しがそれました。
子供が小さいとやはり電車で静かにすることは不可能だし、
飛行機に乗ってずっと座席に座ってるのも不可能なんです。

だから今は車と言う選択肢を選んでします。
でも、コレが何年後かになれば変わってくると思います。


格安航空券などを探して家族で飛行機で行き、レンタカーやタクシーなどで
車は対応するんでしょうね。
やはり、飛行機は国内だと早いですからね。
今は新幹線なんかより安いんですってね。
それすらも知りませんでした。


ちょっと温泉とは違う話ですが、交通手段を考えてみるいい機会かなと思いました。
別に飛行機で行かなくてもいいですが、見るだけ覗いてみてください。


ちょっと飛行機で行ってみようかな?
なんて気持ちになりますよ。
なんといっても安いですから…。


格安航空券は“エアータウン”24時間オンライン予約☆

格安航空券のエアータウンなら
国内・海外の片道・往復で飛行機の予約が24時間オンラインでできます。
JAL・ANAの東京―札幌間国内格安航空券も予約可能♪

・格安航空券をチェック☆
国内格安航空券が24時間Web予約可能!

人気の秋保温泉『伝承千年の宿 佐勘』



仙台と言えば伊達政宗ですね。
独眼竜で知られる政宗の心と体を癒やしていたのは、今も多くの湯治客で賑わう仙台の奥座敷、秋保温泉です。

秋保には、周囲の散策とともにその名湯を楽しめるリーズナブルな入浴施設や、お得な日帰り入浴プランが沢山あり、市街地から近い事もあって、泊まらずにお風呂だけを楽しむ人も多いようです。

けれど、たまの贅沢とばかりに、泊まりがけで秋保の湯をしっかりと体に染みこませる事も大事だと思いますよ。
何しろ秋保温泉は、第29代欽明天皇が天然痘を患った際、ここの湯を取り寄せて入浴したところ、みるみるうちに全快したと言うのですからね、その美肌効果はお墨付きです。


そんな言い伝えから命名された収容人数100人の露天風呂付巨大大浴場「名取の御湯」を持つのが、秋保温泉の中でも常に人気上位に選ばれるお宿『伝承千年の宿 佐勘』。
江戸時代には政宗がこよなく愛し、伊達家の湯浴み御殿として栄えた出湯の宿です。
勿論、今でもこの宿を愛する人々は後を絶たず、多くの著名人が心の拠り所としているそうですよ。
ただし、お忍びで上手に利用される事が多いので、案外、宿の関係者でも気が付かないんですって!!

館内には、名取の御湯をはじめ6つの浴場があり、浴衣にスリッパ履きで秋保の湯巡りを楽しむ事が出来ます。
約400年前に紀州の高野山から譲り受けたという聖火が今も絶える事無く燃え続け、時代を超えても決して色あせる事のない歴史と風格を漂わせる東北屈指の老舗温泉旅館、こっそり覗いてみたい素顔が一杯ですね。

今回紹介した宿はこちらです。
【宿名】 伝承千年の宿 佐勘
【住所】 〒982-0241 宮城県仙台市太白区秋保町湯元薬師28

秋保温泉『茶寮宗園』



8,000坪という広大な敷地の中にたった26室の客室しか持たないお宿があります。
仙台の奥座敷、秋保温泉に広がる純和風旅館『茶寮宗園』。

こちらのお宿のテーマは、”庭園と建築とが一体となり、幽玄の世界へいざなう庭屋一如の宿に遊ぶ!”というもので、まさしく、建つというより、広がるという言葉が相応しい宿泊施設です。
伊勢神宮の茶庭や成田山新勝寺を手掛けた岩城造園によってコーディネイトされた庭園の中に、日本旅館建築の第一人者である石井建築事務所によってデザインされた数寄屋造りの建物が点在するその光景は、温泉旅館というより、名園という表現が実によく似合います。


一番大きな2階建ての建物が本館。
頭上には檜造りの天井が、足下には一面に敷き詰められた青森の青石が目を引く大浴場と岩作りの露天風呂とを兼ね備えています。
そして、その周囲に散らばる茶室風の離れ、これこそが、こちらの旅館のメインとも言える掛け流しの露天風呂付客室。

10棟全てが個別の離れとなっていて、外観も内装も、部屋やお風呂から楽しむ風景もそれぞれに異なります。
10通りの茶寮宗園を体感する事、これを目標にし、都会で頑張っては、茶寮宗園で保養する!!
そんなリピーターが後を絶たないお宿なのだそうですね。
勿論、離れであっても、本館であっても、朝夕のお食事は自分たちのお部屋で自分たちだけでいただく事が出来ます。


春の桜と鳥たちの歌、初夏の新緑と蛍の光、秋の紅葉と虫の声、真冬に見せる白銀の世界。
こんな季節の風景にそっと演出されながら、大切な人と大切な時間を過ごすための隠れ家的お宿なのかも知れませんね。
今回紹介したお宿はこちら

【宿名】 茶寮 宗園
【住所】 〒982-0241 宮城県仙台市太白区秋保町湯元字釜土東1

復興の地へ行こう!秋保温泉『篝火の湯 緑水亭』



女性の一人旅にお勧めのお宿というのは沢山紹介されていますが、男性の一人旅にお勧めのお宿というのは、案外情報が少ないと思いませんか?
男だって、たまには都会に全ての現実を残して、ぶらり旅に出かけてみたい時ってありますよね、きっと!?

そんな時は、やっぱり例え一人でも、ビジネスホテルじゃなくて、畳の上でのんびり出来る温泉旅館に泊まりたいものです。そこで今日は、そんな中高年男性の一人旅に相応しいお宿をご紹介しましょう。
宮城県は仙台市の郊外、秋保温泉にある『篝火の湯 緑水亭』。

こちらのお宿は、その3万坪という広大な敷地を活かした森林浴を楽しめるお宿で、その一角に広がる「篝火の湯」は、東日本屈指の巨大露天風呂だと言われています。森の風景にマッチした少々野心的な造りの屋外温泉で、日が落ちると名物篝火に一斉に火が入り、幻想的な世界が鮮やかに照らし出されます。
静寂な星空を見上げながら、何も考えずに名湯に浸かる。
これ以上の贅沢はないでしょう。


庭師による手入れを欠かした事がないという自慢の庭園には整備された散策路が続き、ゆっくり歩いて行くと、その先にはどんぐりの森と呼ばれる美しい森林地帯が、疲れた心と体を癒やすべく、四季折々のカラーで待ち構えてくれています。春はピンクの桜、夏は緑の葉が豊かな木々、秋は真っ赤に色付いた紅葉、冬は真っ白な雪化粧!
一人でぼんやり散策しながらも、思わず携帯電話のシャッターを切ってしまう男性が多いそうですよ。
適度に歩き疲れた後、天気のいい日には窓が全開になり、オープンカフェに早変わりするというラウンジで、昼間から軽く1杯やるのは最高です。

常日頃の重たい荷物を何もかも下ろし、新たな活力を得るのには、ピッタリのお宿なのではないでしょうか。
今回紹介したホテルはこちらです。

【宿名】 篝火の湯 緑水亭
【住所】 〒982-0241 宮城県仙台市太白区秋保町湯元上原27−2

仙台のリッチな温泉街 秋保温泉『岩沼屋』



仙台の奥座敷と呼ばれるちょっとリッチな温泉街、秋保温泉の一角に1日15杯限定の備長炭フィルターでろ過した水を使い、8時間かけてじっくりと抽出されるコーヒーと、イタリアのカファレル社が誇るチョコレート「ジャンドゥーヤ」を使ったケーキの味わえるカフェがあるのをご存じですか?


ドイツはロンネフェルト社の茶葉を使った本格紅茶も人気のこちらの「コーヒーラウンジすずらん」は秋保温泉を代表する老舗旅館『岩沼や』のロビー奥に展開され、美しい庭園を眺めながら、西洋の味と香りに舌鼓を打てるリラクゼーションカフェです。

”一膳一膳心を込めて!”がもっとうだと言い切るこちらのお宿は、その言葉通り、寛永2年の創業以来400年近く物間、秋保湯元の中央に位置する緑豊かな旅館として、もてなしの心を守り抜いて来ました。どのプランを選択しても、朝夕一切バイキングが用意される事はありません。
そんな古き良き和の心と、新しい洋のスタイルを取り入れた岩沼屋さんは、今や東日本を代表する女性に人気の温泉宿となったのです。世代を問わず、女に生まれてきた人全てが、その幸せを味わえるようにという工夫が館内中に溢れています。今ではすっかり珍しくなくなった温泉旅館内で受けるエステティックですが、こちらのお宿には、そんなエステをプリンセス気分で利用出来る女性専用の客室「ティアラ」が用意されているのです。10畳の広々とした和室に大きな液晶テレビが置かれたこの部屋は、勿論男子禁制! 女同士の旅でしか泊まれない特別なお部屋です。たまには父と夫を見捨てて、母と娘で出かけてみてはいかがでしょうか? また、一人旅が似合う頑張る女性も大歓迎だそうですよ!!

今回紹介したホテルは、
【宿名】 創業寛永二年 仙台 秋保温泉 岩沼屋
【住所】 〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町草津618